虐待死を防ぐため「189を活用して」フィフィが呼びかけ「救える命が多い」

画像はフィフィさんツイッターアカウントのキャプチャ

画像はフィフィさんツイッターアカウントのキャプチャ

警察庁は2月7日、去年1年間で児童虐待の疑いで児童相談所に通告した子供は8万104人と、10年前の約13倍にも上っていることを発表した。先日も、小学4年の栗原心愛(みあ)さんが自宅で亡くなり、両親が傷害容疑で逮捕された事件があったばかり。児童虐待に関する報道が続き、歯がゆい思いを抱えている人も多いのではないだろうか。

国は、虐待が疑われる状況に遭遇した時、すぐ児童相談所に通告・相談できる全国共通ダイヤル「189(いちはやく)」を2015年から始めている。しかし、2月8日の『モーニングCROSS』(TOKYO MX系)でタレントのフィフィさんは、189がまだ浸透していないと感じているようで、

「周りが『おかしいな』って気づいて通報することが、(児童虐待を)発覚して危険な状態から(子供を)助けられる」

と、さらなる普及に向けて思いを語った。(文:石川祐介)

虐待されている子どもには「他人に不自然に甘える」「表情が乏しい」などの特徴