カジサック騒動に言及?為末大「バラエティの最大の弊害は“一生懸命取り組む人を笑う”という仕組みを子どもに植え付けたこと」

画像はツイッターのキャプチャ

画像はツイッターのキャプチャ

YouTuber「カジサック」ことお笑い芸人のキングコング・梶原雄太さんが2月上旬、評論家の宇野常寛さんに「失礼な絡み」をして炎上した。これを受け、脳科学者の茂木健一郎さんがツイッター上で「お笑い文化の『いじり』は好きか嫌いか」と問いかけたが、「好き」は17%に留まっている。

陸上の元五輪日本代表の為末大さんは12日、ツイッターで、日本のバラエティ番組について言及した。

「バラエティ番組が残した日本にとって最も大きな弊害は、一生懸命取り組む人を笑うという仕組みを子供の集団に植え付けたことではないだろうか」

ある人を揶揄する人物が現れると、周りも便乗していく様子は度々見られる。為末さんは「さむいという言葉が子供たちに冷笑文化を広げ、エリートのたまごに力をセーブさせたと思う。一番能力が伸びる時に、人間関係に絡みとられ、伸びきれなかった」と説明する。

「日本のテレビは即興劇。その人ではなく役割が必要」「文脈依存の社会」