遠野なぎこ、腕の自傷跡を隠す方法をアドバイス 自身もアームカットで「左腕にボコボコ&ザクザクと残っています」

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

女優の遠野なぎこさんが2月26日、自身のブログである女性から寄せられた悩み相談に回答した。

相談者のAさんは摂食障害、鬱、アルコール依存を抱えている。リストカットもしていたが、母親に見つかり怒られてからは腕を切るアームカットをしていた。そんなAさんは、数か月後に結婚式を行う。

「けれど、結婚式では腕を出すドレスを着る事になってしまいました。母が選びました。試着でも、母にバレないように必死で素直に喜べません。旦那にも言っていません」

これに対して遠野さんは、Aさんの結婚を祝福した上で、「”何故、ドレスをお母様に選んでもらってしまったのか”…その部分に、Aさんが本当に訴えたい”逃れられない闇”を強く感じ少し胸が苦しくなります」と綴る。

傷跡はテープで隠す「傷を見られ責められるより、まだ心の負担が少なくて済む」