ピエール瀧の逮捕に「見せしめのためにも表舞台から永久追放すべき」芸能評論家 「芸能人は薬物に対する意識が低すぎる」

画像は瀧容疑者が所属する「電気グルーヴ」の公式サイト

画像は瀧容疑者が所属する「電気グルーヴ」の公式サイト

俳優で、「電気グルーヴ」メンバーのピエール瀧容疑者が3月12日、コカインを使用したとして、麻薬取締法違反の容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された。【関連記事】「ピエール瀧の逮捕でモーリー・ロバートソン、海外コカイン事情を解説『不幸の連鎖で流通が成り立つ。人道的にも人を苦しめる』」

瀧容疑者は現在、NHKの大河ドラマ「いだてん」に出演している。中村勘九郎さん演じる主人公「金栗四三」を支える足袋屋「播磨屋」の店主という役どころで、NHK広報部は逮捕報道を受け対応を検討しているという。CM出演中だったリクシルでは、13日からCMの放送を中止。瀧容疑者が登場するネット上のコンテンツも削除するなど、影響は各方面に広がっている。

芸能文化評論家の肥留間正明さんは今回の逮捕について「一言で言うと、馬鹿だねえ51歳にもなって。大馬鹿としか言い様がない」と呆れている。

高額な違約金は「実際は請求しても相手方が払えず、泣き寝入りするケースがほとんど」