「アドバイスしたら終わりだ」――新人の2年以内離職率ゼロ 『ケンタッキー流部下の動かし方』に学ぶリーダーの心得

どうしたら部下が動いてくれるのか?

どうしたら部下が動いてくれるのか?

「部下が指示待ち人間で困る」「なぜ自分の頭で考えないのか」と悩むリーダーは少なくないでしょう。しかし、”指示待ち部下”は、上司であるあなた自身が作りだしているかもしれません。今回ご紹介する『ケンタッキー流部下の動かし方』(あさ出版)は、主体性のある部下を育てる手法を、自分に合うやり方で知ることができる一冊です。

著者は、ケンタッキーフライドチキンを運営する日本KFCホールディングスで26年あまり人材育成トレーナーを務めた森泰造氏。飲食業界は正社員の半数近くが3年以内で辞めていくのがほとんどの中、2015年に行なった新入社員育成改革で「新入社員の2年以内離職率ゼロ」を達成した実績の持ち主です。

著者によれば、リーダーは次の5つのタイプに分けられるといいます。

・「自分のやり方にこだわりすぎる」
・「部下に対し厳しさが前面に出てしまう」
・「部下にやさしすぎる」
・「短期的な結果を大切にする」
・「部下に上から目線」

本書では、自身がどのタイプか判定するチェックリストとともに、タイプ別で読むべきポイントの章を教えてくれています。(文:篠原みつき)

指示待ち部下は「指示が来る」と思うから待っている