子どもの教育費はどうやって捻出する? 共働きに加え「収入に働いてもらう」資産運用も方法の一つ

子どもの教育費はどうやって捻出する?

子どもの教育費はどうやって捻出する?

ママが働く4つのメリットのうち、今回は、「子どもの教育費」についてです。

塾や習い事が増え、急に家族に働くよう言われた、意外とお金がかかるから仕事を探すことにした、というお話はよく聞きます。子どもの強みや希望を見ながら、どのような選択肢を提供できるか、お子さんが小さいうちから考えて損はありません。

調査によると、教育費はすべて公立に進学しても約1000万円、すべて私立だと2000万円以上、理系や医学系だとさらに費用がかかっています。さらに例えば、私立・国立の大学合格から入学までにかかるお金を見てみると、入学金や授業料、PCや教科書といった学業に必要な物に加え、住まい探しの交通費や宿泊費、敷金・礼金・引越し代、日用雑貨や衣類などで、約59万円~93万円かかっています。

ここに含まれていない塾代、受験費用、他の習い事なども合わせると……負担が大きいですね。教育費捻出のために、「旅行・レジャー費、外食費、食費、保護者のお小遣い」で節約を頑張っているというご家庭が多いようです。(文:時短ママ戦略活用アドバイザー谷平優美)

シミュレーションサイトで具体的な数字を出すのが第一歩