キャリアアップしやすい職場の特徴「社内公募制度がある」「研修が充実」「頑張る姿を周りが見ていてくれる」

キャリアアップのしやすさにも企業で差がありそうです

キャリアアップのしやすさにも企業で差がありそうです

仕事を続ける中で、勤務先でどのようにキャリアアップできるのか、という悩みに直面することは珍しくない。社員がキャリアアップしやすい企業は、どのような取り組みを行っているのだろうか?企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみよう。

「5年目研修、ベテラン研修、マネジメント研修と、年次ごとの研修が充実している」

「マネジメント、開発はオープンからホストまで様々な開発業務に取り組む事ができる。本人のやる気次第で成長が望める。社内公募等の制度もあり、キャリアアップを図れる」(研究開発、30代後半、男性、正社員、年収900万円)

「いろいろな研修があるのでキャリアアップには利用できる。5年目研修、ベテラン研修、マネジメント研修と、年次ごとの研修が充実している」(海外営業、20代前半、男性、正社員、年収420万円)

「出世はこの業界の中では比較的しやすいと感じる。向上心があれば、営業に相談すればキャリアアップさせてくれるし、努力は評価してくれたと感じた」(サポートエンジニア、30代前半、男性、正社員、年収400万円)

「頑張っている姿を店長や周りのスタッフが見ていてくれる。いろいろなことが出来るようになれば評価してもらえるので、キャリアアップしやすい環境だと思う」(ホールスタッフ、20代後半、女性、契約社員、年収250万円)

社内公募制度や年次ごとの研修など、キャリアアップをサポートするための制度が整っている。また、いろいろな業務に取り組み経験を積む場があるなど、成長しやすい環境でもあるようだ。

企業に従業員の成長を応援する仕組みがあれば、社員は将来のキャリアプランを描きやすくなる。制度があることで、やる気のある社員は積極的に動いて意欲や成果をアピールしやすくなる。

その他、スタッフや上司、しかるべき部署がきちんと「評価してくれる」という口コミも見られた。自身の努力や頑張りを「見てくれている」「評価してくれている」と感じる環境は、社員のモチベーションを上げる。キャリアアップを図りやすい企業は、制度面や職場環境で従業員の成長を後押ししているのだ。

「完全に実力主義。やる気と結果がある人は、入社時期に関係なく役職につける」

「会社の方針に共感ができ、成長意欲があって、責任感がある人が出世しやすいです。入社年月に関わらず、やる気がある人はどんどんキャリアアップしていける会社」(その他、20代後半、女性、正社員、年収460万円)

「完全に実力主義なので結果を出せば出世も早いです。やる気があり結果を残せる人は、入社したばかりなど関係なく役職につくことができます。バリバリ働いて早めのキャリアアップを望む人には良い会社なのでは」(法人営業、20代後半、男性、正社員、年収500万円)

実力主義の企業は、キャリアアップの評価がわかりやすい。口コミにも、やる気があり結果を出せば「入社年月に関係なくキャリアアップできる」という声があった。年功序列、上司に気に入られているかどうかなど関係なく、自分の働き次第で若くても上を目指せる土壌が出来上がっているところもあるようだ。

キャリアアップしやすい企業には、サポート制度や正当な評価をする風土・環境が整っている。社員の成長は企業の成長につながる。キャリアアップの仕組みが整っていない企業は、こうした成功例を取り入れ改革するといいだろう。