化学業界の「ストレス度の低い企業ランキング」1位は旭化成「ブラック企業からはほど遠い。妻が専業主婦、自家所有者には補助支給」

画像はプレスリリースより

画像はプレスリリースより

企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」は、6月6日、「化学業界の”ストレス度の低い企業”ランキング」を発表した。調査対象は『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)の「化学」に記載の企業のうち、2015年4月1日から2018年3月31日までの間、「キャリコネ」に20件以上の評価が寄せられた企業。企業別にキャリコネユーザーによる「ストレス度の低さ」評価の平均値を5点満点で算出し、高い順にランキングにした。

1位は旭化成で、ストレス度の低さは3.51点だった。2位は同率でDICと三井化学(いずれも3.24)、4位はJSR(3.08)、5位は積水化学工業(3.00)だった。

旭化成は有給休暇の平均取得日数が16.6日