今治のタオル工場で技能実習生のブラック労働 誤認された企業が「うちではない」声明発表

画像は同社に掲載された声明のキャプチャ。色調は編集部で加工。

画像は同社に掲載された声明のキャプチャ。色調は編集部で加工。

タオルの製造・販売を行うオルネット(愛媛県今治市)は6月25日、同社が外国人技能実習生を劣悪な環境で働かせているのではないかというネットの噂を、否定する声明を発表した。

きっかけはNHKが6月24日に放送したドキュメンタリー番組『ノーナレ』。番組では、愛媛県のタオル縫製工場で働くベトナム人技能実習生たちが取り上げられた。婦人服や子供服の製造という名目で雇われた28人だったが、実際にはタオルの製造をさせられているとして、このうち4人が昨年、NHKに助けを求めていた。

7時半から夜10時過ぎまで働かされ、何かあれば「ベトナムに強制帰国させる」と脅されるという。残業時間は過労死ラインの2倍以上である180時間にも上るが、支払われる残業代は40時間分のみ。厳しいノルマが課せられ、会社の敷地の、窓のない狭い寮に28人で生活していたことも明かされた。

「当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません」