中小企業の夏ボーナス、増額が多い業界1位「IT」 商社、金融も好調

もう支給された会社も多いのでは

もう支給された会社も多いのでは

エン・ジャパンは6月19日、中小企業の「夏季賞与」に関する調査結果を発表した。調査は5月~6月にネット上で実施。「人事のミカタ」を利用している従業員数300人未満の企業435社から回答を得た。

2019年の夏季賞与は81%の企業が「支給予定」と答えた。夏季賞与を支給予定の企業のうち、29%が「増額予定」と回答した一方、「減額予定」は10%で、昨年の2倍だった。

メーカー、サービス、小売は「減額予定」目立つ