ゲーム依存、防止には「現実で接点を持つこと」専門家が指摘 ネットは「ガチ勢かエンジョイ勢かが分岐点だと思う」

190718ge-muizonn

世界保健機関(WHO)は今年5月、オンラインゲームやテレビゲームに没頭しすぎて日常生活に困難が生じる「ゲーム障害」を精神疾患として正式に認定した。7月13日の「田村淳の訊きたい放題」(MX系)では、ゲーム障害について出演者が議論を交わした。

東京大学教授の橋元良明氏はゲームに依存してしまう人の特徴として、「『ストレスから逃れたい』とか『現実に居場所がない』という人がゲーム依存になりやすい」と解説する。そのゲームが楽しくて没頭してしまう分には問題ないが、ストレスのはけ口や居場所を求めるためことを目的にゲームをするのは危険だと語った。(文:石川祐介)

支援団体「ゲームにハマる人は心に傷や穴があり、人と積極的に交流することが難しい」