飲食業界で疲弊する人々「ブラック体質にならないと利益が出ない」「休みは月1あればいい方」「15時間勤務はザラ」

飲食業界で疲弊する人々

飲食業界で疲弊する人々

営業時間だけでなく準備や片付け、翌日の仕込みなど、飲食業界は長時間労働になりやすい。さらに人手不足がブラックぶりに拍車をかけてしまう。飲食店で働いた経験を持つキャリコネニュース読者からも激務ぶりが明かされている。

ある30代男性は、「開店前の午前11時から閉店する午前2時まで」の14時間労働が当たり前だった。

「定休日は週1日ありましたが、その日が祝日前後にあたると休みはなくなりました。残業の概念はなく、『36協定って何?』という感じでした。そんな状態ですから、月350時間労働なのに、残業代0円です」

板前をしていた30代女性は、「朝から夜中まで15時間勤務はザラでしたね。スキルを身につけたら違う店か、フリーランスで働かない限り、収入が上がることはありません。離職率が高い業界です」と振り返った。

「私は忙しいから休む。あなたは暇でしょ?代わりに働いて」