酷すぎる職場のルール「ゴルフコンペに参加する社員は出世が早い」「無資格で患者に医療行為」「ミスすると残業代ゼロ」

酷すぎる職場のルール

酷すぎる職場のルール

どんな組織でも独自の決まりがある。しかし中には「狂ってる」としか思えないものがあり、仕事を苦痛にすることもある。キャリコネニュース読者からは、働く人に苦痛を与える職場のルールに対して怒りの声が挙がっている。

管理・事務職をする40代の元職場では、ボーナス支給日に社長にお礼を言うことになっていた。それ自体は特段おかしなことではないが、もし伝え忘れたときの対応が異常だ。

「お礼を言い忘れたら、翌月の給与から半年かけてボーナス支給分を天引きされます。ボーナスだけでなく、給与支給日の午前中には社長へ必ず『ありがとうございます』と言うことが義務づけられていました」

午後にお礼を伝えた場合、社員がどこにいようが呼び戻され、夕礼から社長の気がすむまで説教されたという。

毎朝5分、大声で社訓唱和 休み時間は「6時間勤務で10分、7時間で20分……」