会社を辞めようと思った瞬間「毎日の朝礼で精神論の大合唱」「ふざけるな!そんな理由で!と有休が取れない」

会社を辞めようと思った瞬間

会社を辞めようと思った瞬間

多くの人にとって、仕事時間は1日の約3分の1を占める。だからこそ気持ちよく働きたいものだが、会社の変な風習に侵されると台無しになる。そんな中、キャリコネニュース読者から寄せられた、退職の決定打となったエピソードを紹介する。

技術職の30代男性が会社を辞めようと思ったのは、社長の行動が原因だ。

「社長は経費削減と言いながら、高級外車を社用車として購入。それを通勤に使い、社長以外は乗れないようになっていました」

「取締役は親会社からの天下り。ゴマをすれば昇進できる会社でした」