ブラック上司の最悪すぎる発言「診断書は破棄してください」「辞めるならこの業界で働けなくする」

ブラック上司の最悪すぎる発言

ブラック上司の最悪すぎる発言

ブラック企業では、平気で職権乱用を振りかざす者が人の上に立つことがある。キャリコネニュース読者から寄せられた、上司から受けた理不尽な対応エピソードを紹介する。

30代女性は元勤務先で、秘書・営業事務・庶務・請求管理・法務事務を1人でこなしていた。休憩をとる時間も同僚と話をする時間もなく、ずっとパソコンと向き合っていたら首に違和感を覚えた。整形外科を受診すると、頚椎椎間板ヘルニアと診断された。

その後、痛みが増して座ることすらできなくなり、自宅療養になった。しかし実状は、女性にしかわからない業務は女性遠隔で対応し、質問にもすぐに答えられる状態での自宅待機だった。それでも会社は、

「自席に8時間いないと勤務とは認められない」
「休職は1か月間まで」
「雇用を継続するには”フルタイムで働ける”という診断書を持ってこい」

と理不尽な要求を突きつける。女性は診断書を書いてもらい復職したが、その初日に「社長を含む3人の上司呼び出され退職勧奨を受けた」という。

「追い打ちをかけるように、『復職できる旨の診断書は破棄してください』と言われ、パソコンのメールアドレスやクラウドには既にログインできず、半強制的に退職させられました。なお、日常的にリモート業務をしている社員はいるので、何かの腹いせにクビにしたんだと思います」

「退職後の3年間で同業種に転職した場合は損害賠償」という誓約書に「サインしろ」