新入社員歓迎会で一発芸が必須の職場「持ち時間は5分。それで配属先が決まる」(20代男性、コンサル営業)

歓迎会、楽しみ?

歓迎会、楽しみ?

大抵の職場では新人が入ってくると歓迎会が開かれるものだ。「人間関係が希薄な職場なのに形式的な歓迎会はある」、もしくは「歓迎会を機に職場内の雰囲気が変わった」といったのもよく耳にするケースだ。しかし、企業口コミサイト「キャリコネ」には、それらと一線を画す声が寄せられている。【参照元:キャリコネ】

「新入社員はまず歓迎会で1人ずつ一発芸を全社員の前でやります。持ち時間は5分間。けっこう本気の雰囲気です。一発芸とはいえ、それによって配属される社内グループが決まります」(コンサルティング営業、20代前半、男性、正社員、年収400万)
「新入生は新入歓迎会で出しものをする必要があった。銀行のカラーとして体育会系を好む傾向があるため、仮装ダンスをしたりする。上司も歌を披露するなど、雰囲気はよい」(金融関連職、20代後半、女性、正社員、年収320万円)

配属先が一発芸で決められるとなれば、当の本人は気が気ではないだろう。一方、緊張とは対照的な和やかな場で披露できる催しもあるようだ。

一方で「新入社員の名札がダンボール」という地味すぎる会社も