「お祈りメールで傷つく学生がいない世界にしたい」 不採用の学生を他社に推薦する採用プラットフォームの開発進む

求職者にお祈りメールを送る代わりに他企業に推薦する

求職者にお祈りメールを送る代わりに他企業に推薦する

ITベンチャー企業tabecoは、企業間で連携して採用活動を円滑にするプラットフォーム「HRport」の開発を進めている。企業間で自社の採用ニーズとマッチしなかった就活生の推薦状を送り合うことで、優秀な人材を選別したい企業側にも、チャンスを増やしたい就活生にもメリットがあるという。

現在の就職活動では、選考後に「採用しない」と決めた学生に対して、一方的に不採用通知、いわゆる”お祈りメール”を送ることで関係を切っている。同サービスは、マイナスイメージが強い不採用通知の代わりに他企業へオファーを送り、さらに面接で得た所感や推薦文を添えることで、不採用とした学生を応援しようというもの。推薦を行った企業には、学生が採用された場合に謝礼金が支払われる。

「サイレントお祈りで落ち込んだ友人きっかけに」 変わらない不採用通知の文化