面接で30分以上待たされた女性、「申し訳ありませんが辞退します」と言い残して帰る | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

面接で30分以上待たされた女性、「申し訳ありませんが辞退します」と言い残して帰る

画像はイメージ

採用面接で面接官が時間を守らない場合、その会社に対する信頼が失われてしまうだろう。キャリコネニュース読者からは、「面接官に失礼な態度を取られた」というエピソードが多数寄せられている。(文:草茅葉菜)

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマにアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

面接官がミーティングルームに入った時に謝罪もありませんでした

東京都の40代女性は「誰もが知っている某企業」の面接に行き、予定の時間から面接官が来るまで30分以上待たされたという。しかも

「面接官がミーティングルームに入った時に謝罪もありませんでした。挨拶もなく、椅子に座り、面接しようとしてました」

と全く反省の色が見えなかった。女性は「このような失礼な方がいる会社では働きたくない」と思い、面接官が着席したと同時に

「申し訳ありませんが、今回の面接は辞退します」

と言い残してその会社を後にしたという。時間すら守れない会社は、当然他のことも守れない恐れがある。女性は現在、別の会社の事務・管理職(正社員)として年収800万円で働いている。

東京都の30代女性(その他/正社員/年収450万円)も同じく、「転職の2次面接で面接官が30分過ぎても現れなかった」と振り返る。女性は

「役員面接だったので、役員も忙しいのだろうなと思って待っていたが、結局現れたのは面接開始時間から40分以上過ぎた頃だった」

と語り、頭の中には「(待ち時間が)30分過ぎたら帰っても良いだろう」という考えもよぎったことを明かした。1時間の予定だった面接は30分程度で終了したそうだ。

女性は「結局待ってしまって入社してしまった」というが、「得られるものもあったが良い会社ではなかった」と苦い思いを振り返っていた。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

アーカイブ