元コンビニ社員が語る実情「ボーナスと貯金を使って自爆営業」「24時間仕事のことしか考えるな」

元コンビニ社員が明かす実情

元コンビニ社員が明かす実情

ブラック企業に入社すると、パワハラで悩んだり、会社都合でひどいめにあうこともあるだろう。キャリコネニュース読者からも、

「仕事でミスると手が飛んでくる。毎日『いつやめるの?』と聞いてくる」(30代男性、営業職)
「サビ残、ノルマ買い取り。ひどい」(40代男性、技術職)
「退職を却下された」(40代男性、管理・事務職)

といった声が寄せられている。

今回はかつてコンビニの正社員として働いていた30代男性のエピソードを紹介する。男性は当時、上司からの仕打ちを思い出すと「いまだに眠れなくなる」という。暴言暴力はもちろん、二言目には「クビにするばかりを言われる」といわれる毎日だった。

そんな上司は自身の社内成績を上げるため、統括するすべての店舗に無謀な売上目標数を掲げ、「ノルマ未達成なら評価を下げる」と脅していた。男性は”自爆営業”を強要され、ボーナスをほぼ全額使ったり、貯金を削ったりして商品を購入した。上司の仕事も押し付けられたこともあった。

「定時間際にたくさんの仕事を振られ、自宅から店まで1時間以上かかるので、バスや電車の時間がなくなることを伝えても『タクシーで帰ればいい』と。もちろんタクシー代は自費です。残業が月200時間になり、上司に残業代申請を出しても無視されました」

休日出勤させられても手取り14万円、退職を伝えても口実をつけて引き延ばされる