男性が育児頑張ろうと思ったきっかけ2位「妻に褒められた」 一方で「自分ばかり大変」と主張する妻には困惑

育児に参加できていると思う男性は6割にとどまった

育児に参加できていると思う男性は6割にとどまった

ナスタは10月16日、「育児に関する意識」に関する調査結果を発表した。調査は9月にネット上で実施し、子どもがいる20~40代の男性社員1000人から回答を得た。

「勤め先に育児休暇の取得制度がある」と答えたのは65.3%と半数超。だが、取得実績については88.7%が「取得したことがない」と答え、家事や育児はまだ女性中心であることが明らかになった。また、「取得実績がある」と回答した人を世代別で見ると、20代(20.7%)、30代(11.7%)、40代(4.9%)で、若年層ほど取得に積極的である社会潮流がうかがえる。

「育児に参加できていると思う」は約6割 「遊び相手」「お風呂」「お散歩」