副業経験者の8割が「副業月収3万円未満」という現実 経験者からは「単価が低すぎる」「時給換算すると悲しくなる」と悲痛の声

副業内容を聞くと、在宅でできる仕事が人気だった

副業内容を聞くと、在宅でできる仕事が人気だった

情報サイトを運用する株式会社GVは11月中旬、「副業」に関する調査結果を発表した。調査は11月上旬にネット上で実施し、副業経験のある 1000人から回答を得た。

経験したことがある副業内容や職種を聞くと、最多は「アンケートモニター・懸賞」(34.9%)、次いで「クリエイティブ(ライター・デザイナー・製作 等)」(31.7%)、「インターネットメディア(アドセンス・アフィリエイト・SNS 等)」(23.3%)、「投資・シェアビジネス(株式・不動産・シェアリング)」(17.6%)と在宅で就業可能な職種が上位に入る傾向があった。

副業する理由1位「生活費・ローン返済のため」