薄給を嘆くことは”甘え”?「転職11回、現在は手取り37万円」「努力しないで愚痴を垂れて誰が助けたいと思いますか?」

低賃金でも働き続けることに対し、具体策を提案する投稿が寄せられた。

低賃金でも働き続けることに対し、具体策を提案する投稿が寄せられた。

キャリコネニュースが掲載した「12年勤務して手取14万円『日本終わってますよね?』」という記事にいまだ賛否両論が寄せられている。実業家の堀江貴文さんが「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよ」とツイートし、話題になった。

実際、低い給料にも関わらず働き続けることは”自己責任”なのだろうか。管理・事務職の30代女性からは、「会社は、従業員の人生に責任を持ってくれないものだと思っています。ただ駒として扱っているだけです」といい、

「不満があるのなら、転職や人事に訴えるなど行動して、自分が変わるしかありません。私も手取り12万で残業代が出ない今の職場を辞めることにしました」

と自らの経験を述べる。今回は低賃金でも働き続けることに対して、具体策を提案する投稿を紹介する。

勤続12年の40代女性、パート→契約社員に変わるも「同じ給与でいいですよね?」