タイムカードがないブラック企業「労基に指摘され自己申告制に。証拠の残らないサービス残業がさらに増えた」

残業代の支払いを免れるために、タイムカードを廃止する会社も

残業代の支払いを免れるために、タイムカードを廃止する会社も

ブラック企業経験者は少なくない。キャリコネニュースの読者から寄せられる経験談も後をたたず、その中でも

「タイムカードが手書き」(40代女性/管理事務職)
「タイムカードを6時に全員分押す係がいた」(30代男性/営業職)

といったように、タイムカードにまつわるエピソードが多く寄せられている。数多くのブラック企業が、残業代の支払いを免れようとしていることがわかる。正確な勤務時間を記録するためのタイムカードだが、「廃止になった」「導入された」という声が届いている。

元社員が残業代の未払い分を請求したことがきっかけでタイムカード→手書きの出勤表