ブラック上司の仰天エピソード「日本刀を持ってきて”辞めたら殺す”」「従業員は人間のクズ。人間としての尊厳は必要ナシ」

え、日本刀?

え、日本刀?

ブラック企業は常識が全く通じない。入社したら苦しい日々が待っている。現在エンジニアとして働く20代男性は、新卒で入社した企業がブラックだったという。当時を次のように振り返る。

「OJTと称して、機械設計を一任させられました。設計部署を立ち上げたばかりで、頼れる人は社内に誰もおらず……。 毎日8~25時過ぎまで働き、時間外労働が260時間を越えました」

OJTとは先輩が実務を通して後輩に指導するというもの。知識も経験も浅い人間に何もかも押し付けるとは、本来の意味とはかけ離れたものだ。ほかにもキャリコネニュース読者から寄せられた経験談を紹介する。

正社員から連日罵声を浴びせられる”パワハラセンター”への異動