ブラック企業で退職に追い込まれた人「粉飾決算で追徴課税。人件費不足でリストラに」「パワハラ上司が恫喝、暴言」

退職せざるを得ない状況に追い込まれることも

退職せざるを得ない状況に追い込まれることも

ブラック企業を見分ける特徴としてまず挙げられるのが、人材の流出の激しさだ。抜けた穴を埋めるために求人募集をかけたり、新入社員を一から教育したりする経費や労力を考えれば、引き止めるのが普通だとも思える。

だが、ブラック企業ならではの理由で、退職に追い込まれる人もいるようだ。技術職の50代男性は、過去に「サービス残業は当たり前、上場前の審査機関だけ残業手当満額支給するも、上場後廃止。挙句の果てに人員整理でリストラ(笑)」と上場を機にリストラする会社で勤務した経験を口にする。

今回は、ブラック企業で退職に追い込まれた人の経験談を紹介する。(文:林加奈)

「個室で人格否定交じりの恫喝、『死ね』などの暴言……」