“中二病”的な中学生が企業で働く「中二インターン」 受入企業にはマスコミ、外資コンサルなど

画像は公式サイトをキャプチャ

画像は公式サイトをキャプチャ

教育事業ベンチャーのSEKAISHAは”中二病”的な中学生を対象とした「中二インターン」を実施する。参加対象者は”中二”だけでなく、2020年3月時点で1~2年である中学生。人数は最大10人程度で、期間は3月末からの春休み。参加費は無料だ。

中二病について、公式サイトでは「中学二年頃に見られる思春期特有の自己愛や個人の考え・行動・価値観が過剰になった状態を指す俗語」と説明されている。もちろん、医学的な疾病ではないが、こじらせすぎるとその後の人生にまで影響するので上手く付き合う必要がある。

「思春期ならではのズレや葛藤の中に才能や個性を発掘するヒントがつまっているのでは」