退職者の多い会社の特徴「2000人の社員が残り8000人を食べさせている」「女性同士の派閥がある」

ブラック企業になりがちな特徴

ブラック企業になりがちな特徴

退職者の多い会社の特徴とは何だろうか。例えば、会社が驚愕レベルの負の遺産を抱えていて、それを従業員がふとした拍子に知ってしまったら……。きっと、早めに身を引こうと考える人は多いはずだ。企業口コミサイト「キャリコネ」には

「2000人の営業員が残りの8000人を食べさせている。はっきり言って異常。優秀な人ほどバカらしくなって辞めていく人が多い」(コンサルティング営業、20代後半男性、正社員、年収650万円)

といった声が寄せられている。今回は退職者が続出する会社の投稿を拾ってみた。【参照元:キャリコネ】(文:鹿賀大資)

複雑な人間関係が足かせになることも