新型コロナ感染拡大で「内定取り消し」発生 弁護士に“就活生の対処法”を聞く

内定取り消しになったらどうすればいい?

内定取り消しになったらどうすればいい?

新型コロナウイルスの流行で経済にも影響が出始めている。観光関連業などではすでに倒産する企業が出ており、“リーマンショックの再来”を懸念する向きもある。

厚生労働省は3月上旬、経団連などに新卒者の内定取り消しをしないよう要請。だが、同省は9日の参院予算委で、すでに1件が発生したことを認めている。キャリコネニュースでは労働問題に詳しい佐々木亮弁護士に、内定取り消しの法的問題と就活生の対処法を聞いた。

「内定の時点で労働契約が成立している」