20代女性が経験したブラック企業「セクハラに応じるまで机の前に立ち続ける上司」「色仕掛けで連絡先を聞き出せ」

その上司は「何人もの女性のお尻を触る」らしい

その上司は「何人もの女性のお尻を触る」らしい

ブラック企業の常套手段には、従業員への人格否定や同意を得ない独断がある。キャリコネニュース読者からは、

「派遣の事務員を擁護し、ブスな自分を叩き続けられた」(20代女性、管理・事務職)
「事前説明もなく部署全員の賞与支給がなくなった」(30代女性、管理・事務職)
「商談損は自己責任。月に一回も休みなし」(40代男性、営業職)

といった声が寄せられている。ブラック企業に、相手への慮りといったものは存在しないのだろうか。今回はパートで働く30代女性が今の職場で受けたブラックエピソードを紹介する。(文:鹿賀大資)

「終業の10分前に仕事量を追加され、残業をすれば影で文句を言われる」