人員不足で疲弊する職場「人がいないから能力が伴わない人を店長に」「離職率が高いのに会社は対策せず」

もう無理……

もう無理……

なぜ職場は人手不足に陥るのか。これは全国の会社が抱える問題と言っても過言ではない。企業口コミサイト「キャリコネ」には、

「人手不足なのに企業拡大を目指しているため、現場で働く個々の負担が大きい」(ブライダルコーディネーター/20代前半/女性/正社員/年収270万円)

といった声が寄せられている。さらのこの職場では、「人手不足により、基本的に2~3年で退職する人がかなり多い。そのため3年目~4年目で役職(副主任)がつきます」という。

肩書がほしい人には、石の上にも三年と言いたいところだが、労力面での多大なリスクは否めない。それを示すかのように、

「リストラで人員不足になり、部門によっては21時ごろまで残業している」(法務/50代前半/男性/正社員/年収800万円)
「部署にもよりますが人員不足が常態化しているため、残業時間が月45時間以上になることが多いです」(法人営業/30代前半/男性/正社員/年収480万円)

と労働量のしわ寄せを綴る投稿は多かった。それ以外の口コミも見てみよう。(文:鹿賀大資)

「少ないベテラン社員が定年でいなくなる時のことを想像すると、将来は明るくない」