新型コロナで大混乱のスーパー「従業員も人間です!」「店長から”絶対感染するな”と言われている」

写真はイメージです

写真はイメージです

新型コロナウイルスによるマスクの品薄は依然として続いている。その影響はドラッグストアだけでなく、スーパーマーケットまで広がっている。埼玉県の40代男性はマスクの入荷がないことについて、従業員用マスクの不足を懸念材料に挙げる。また、

「消毒用アルコールも不足。体調不良時にコロナウイルス感染かどうかも疑心暗鬼になる。従業員自体が不足に陥る可能性もある」

という。ほかには、

「トイレットペーパーはもちろん、カップ麺やポテトチップスなど一部の商品の入荷がない」(30代男性/秋田県)
「免疫をつける商品として納豆が品薄になっています」(40代女性/北海道)

と食品関係を主に扱うスーパーならではの声もあった。免疫のあるものを食べたいということだろう。ただ消費者庁は新型コロナ予防に納豆は根拠なしとしている。一方、スーパー勤務の和歌山県の20代女性は、

「いつもよりレジ待ちの客にイライラされる。あたられることも。従業員も人間です!」

と客に怒りを覚える声も少なくない。今回はスーパー従業員の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「お金がない友だちの分を立て替える」と言う人も

埼玉県の30代男性は客に対して「マスクやトイレットペーパーに対する執着が大きすぎる」と訴える。中には、店頭や店内に在庫がないことを示す案内を置いているにも関わらず、わざわざマスク売場をのぞいて戻っていく人もいるという。さらに、

「トイレットペーパーの入荷薄が続いているため、『お一人様1日1回一袋まで』としているのに、『お金がない友だちの分を立て替える』と言い訳したりする人がいる。明らかに2回目だとわかっている人に声をかけると『あたしはまだ1回目よ!』と逆ギレする人もいたりして、見苦しいです」

と綴る。

「私がマスクしてたら”自分らの分はあるんか”と言われました」

大阪府の50代女性の職場でも「トイレットペーパー・除菌シ-トは1点限り」と貼紙をし、理解を求めている。「車で家族が待っているから」と大量に買おうとする客もいるため、「目で確認できないとダメなんで』と断っているという。別の客には「私がマスクしていたら『自分らの分はあるんか』」と言われ、散々だと語る。

群馬県の50代女性は、「午前中にお客さんが集中する」という。

「特にトイレットペーパーのデマが出回った時は、開店前から並んでいて、点数制限を伝えるとキレる人もいた。毎日の売上は週末並みに多いのに、レジの人数は同じで長蛇の列」

そうした状況の最中、店長からは「絶対感染するな」と言われている。理由は「一人でも感染者がでたら店が休業することになる。その後の風評被害も大きい」という。女性は、

「もし最初の感染者になったら、私たちパートなどは簡単に解雇されてしまうと思う」

と不安な気持ちも綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き【新型コロナ】ドラッグストア・スーパーで働いている人の声募集「新型コロナウイルスで収入は減った?」に関するアンケートを募集しています。