新型コロナでも出社する人々「得意先から訪問自粛と言われているのに営業所に待機」「会社の危機管理能力に疑問」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

新型コロナでも出社する人々「得意先から訪問自粛と言われているのに営業所に待機」「会社の危機管理能力に疑問」

今日も出社

今日も出社

新型コロナウイルス終息の目途が立たない中、感染のリスクを抱えてまで出社を余儀なくされる人もいる。キャリコネニュース読者からは、

「IT業界なので遠隔ワークを当たり前にして欲しい」(ITエンジニア/神奈川県/50代男性)
「フル在宅は難しいと思うが、週に何回までとか選択できるとありがたい」(事務・管理職/東京都/40代女性)

といった声が寄せられている。今回は、このような状況でも在宅ワークを採用しない職場の声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「こんな時期くらい在宅勤務にしてほしい」

神奈川県在住の30代女性は、「家で出来そうな範囲の仕事だけでも在宅にしてほしい」と切望する。その理由について、

「見合った仕事量が出来ていれば、決まった時間に作業する必要もなくなる。3時間の業務に往復5時間かけるのは無駄だし負担」

とのことだ。通勤時間が長い場合、そう思うのもやむなしだろう。また、普段から思うように休みが取れないため「こんな時期くらい在宅勤務にしてほしい」と綴っている。

東京都在住で営業職の40代男性は、得意先からも訪問を自粛するようにとの通達を受けており、「営業所で他の営業マンと待機していても意味が無い」という。一緒の空間にいることで、余計に感染のリスクが高まる懸念を抱いている。

福岡県在住で美容師の40代女性は「在宅勤務はありえない」としながら、男性上司について不満をもらす。感染症や風邪の予防のためにもマスクはしたいという人が多い中、上司は「接客なので本当はマスクしたくない」と言うのだという。女性は

「我々パートは母であり妻です。時給で働く人間は休むと生活しにくい」

と、なるべく仕事を休まないためにもマスクはさせてほしいと感じているようだ。

東京都在住の事務・管理職の40代女性は「在宅になってほしい」と打ち明ける。ただ勤め先について「在宅ワークをやろうと思えばできるのに、規則にないだの何だのと言い訳ばかりいまだ在宅にならない会社の危機管理能力、腰の重さに疑問を感じる」と苦言を呈す。

「在宅勤務になると保育園で預かってもらえず自宅で見ることになる。どっちもどっち」

一方、現に在宅ワークは採用していないが、されても甲乙つけがたいといった反応もあった。

「在宅勤務になると保育園で預かってもらえず自宅で見ることになる。どっちもどっち」(事務・管理職/東京都/30代女性)
「通勤電車による感染リスクを抱えている。でも在宅勤務だと休校の影響で子どもがゲームし放題。その隣での仕事は捗らない」(事務・管理職/奈良県/40代女性)

ほかには、「歯科技工士の在宅勤務は、設備や作業などの問題があり現実的に無理。ただ、せめて定時には帰りたいです。いつも12時間以上の労働なので……」(医療/北海道/20代女性)といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「【新型コロナウイルス】在宅勤務になった?なってない?」【新型コロナ】ドラッグストア・スーパーで働いている人の声募集に関するアンケートを募集しています。

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ