平成初期のトンデモブラック企業「右翼対策に元警察を天下り採用」「取引先の保険に入らなければ賞与2万円引き」

家族経営の会社では「自分の子どもたちには甘い」ということも

家族経営の会社では「自分の子どもたちには甘い」ということも

血縁者のみ優遇する同族経営の職場に苦しむ人は多い。過度なトップダウン体質だったり、一般社員に理不尽な対応をしたりする企業も少なくはない。キャリコネニュース読者からも、

「家族経営で自分の子どもたちには甘く、社員には問い詰めるような会議」(50代男性、事務・管理職)
「同族企業であり公私混同」(40代男性、営業職)

といった声が寄せられている。今回は営業職の40代女性が明かす、1990年代、まさに平成初期のブラックな同族企業体験談を紹介する。(文:鹿賀大資)

「社長の奥さんは保険屋のおばさんで、何かと裏から手を回していました」