【新型コロナ】非正規雇用の3割が「仕事が減った」 7割が「収入が減って困る」と回答

「契約を打ち切られた」という人も

「契約を打ち切られた」という人も

ツナググループ・ホールディングスは4月15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響による「時給で働く人」に関する調査結果を発表した。調査は4月にネット上で実施し、パート・アルバイト・派遣など時給で働く全国の16~69歳948人から回答を得た。

新型コロナウイルスの影響で、3割の人が「仕事が減った」(33.5%)と回答。また、回答者のうち2.2%が「契約を打ち切られた」とも答えた。

仕事の減少は「ウイルスに対して不安があるので助かる」は1割のみ