次なる転売ヤーの標的は”ドライイースト” パン作り流行で需要増、ネットで困惑の声

画像はキャプチャ

画像はキャプチャ

マスク、消毒液などの衛生用品の品薄状態に続き、今度は一部の食料品が店頭から姿を消している。メルカリ上では、大量に買い占めたとみられる転売ヤーが暗躍。標的になったのは、ホットケーキミックス、お好み焼き粉といった賞味期限の比較的長い”粉もの”が中心だ。

中でも今現在、最も深刻な転売品の一つがドライイーストかもしれない。外出自粛や休校により、家で過ごす時間が増える中、パンやスイーツなどの普段はあまりしない手の込んだ料理を作ることが流行している。

同一アカウントで10箱以上の出品も 通常価格の約3倍