コロナ禍中のパチンコ店営業再開、反対が7割 一方、「行くのは犯罪でもない」「個人が自由に決めること」の声も

写真はイメージです

写真はイメージです

オンライン保険相談サービス「ほけんROOM」を提供するWizleapは5月9日、「コロナ禍の中でのパチンコ店営業再開について」の調査結果を発表した。調査は5月8日~9日に、インターネット上で18歳以上の男女を対象に実施。1011人から回答を得た。

緊急事態宣言以降にパチンコ店に行った人は2.2%(22人)。ゴールデンウィーク中にパチンコに行ったと回答した人はうち2人となった。

“コロナになってもいい”は「医療従事者のことを考えれば、あってはいけない行動」