新型コロナで退職に踏み切った人々「時短勤務をいじめで妨害された」「在宅勤務で社員の実力がわかってしまった」

新型コロナで退職を決めた人々のエピソードを紹介する

新型コロナで退職を決めた人々のエピソードを紹介する

長年働いていれば、誰しもに「会社を辞めたい」と考えた瞬間があるだろう。しかし、転職はそう簡単にできるものではない。退職したくても、行動に移すのをためらう人はとても多いだろう。

だが、新型コロナウイルスが退職の背中を押すきっかけになった人もいるようだ。キャリコネニュース読者の40代女性は「職場に感染者が出たが、周知方法に問題があった。派遣社員だけ在宅勤務を認めない。もともと不満はあったが、ついに愛想が尽きた」と不満を綴る。

今回は、新型コロナがきっかけで退職に踏み切った人々の声を紹介する。(文:林加奈)

「現場の無自覚と悪意が恐ろしい」