「1日2食で生活」「夫のガンの治療を断念しないといけない」コロナ渦で生活困窮する人たちの声

コロナで困窮する人が相次いでいる

コロナで困窮する人が相次いでいる

新型コロナウイルスの影響で経営難に陥る企業は少なくない。キャリコネニュース読者からも、

「音楽教室で働いています。密を恐れて生徒は半減以下です」(神奈川県/60代男性)

といった声が寄せられている。大阪府でスーパーの管理職をする50代男性にいたっては、

「会社の売上は2桁以上のびているが、従業員は毎日、5000人前後のお客様と接している。不安を抱える中で頑張っているが、会社はその危険度をあまり認識していない。残念以外に言葉が出ない」

とのことだ。また整形外科クリニックの看護師として勤務する40代女性は、

「来院患者数は以前の3分の2くらいになっています。一人の患者さんに対応するたび患者が触れたところを消毒したり、全職員が検温したりするので、業務は減っていません。ボーナスが出るのか不安です」

と業績悪化による収入面の心配はおろか、業務量が増えたことにも不満を漏らす。今回は、コロナの影響で業績が悪化した企業に勤める人たちから寄せられた悲痛な声をお届けしたい。(文:鹿賀大資)

「休業補償はわずか3.6割」「生活費が跳ね上がり、1日2食で切り詰める」