“コロナ絶縁”した40代女性「両親とも弟とも不仲だったので、縁を切るよい機会かと感じました」

「生産量が減少したことで少人数出社。そのためいつも決まった人のみが出社し、残りの人は休み。仲が良かった同僚は休み組なのに『苦しいのは皆同じなのに』と。こう言われてしまうと『なんだかなあ』という感じです」(茨城県/30代女性/メーカー系)

「今まで職場の人たちと普通に会話をして、ご飯も同席で食べていたのに、コロナのため離れながら食べている。外出自粛で部屋に籠もりがちになり、何もかもが疑心暗鬼」(愛知県/40代男性)

福岡県のサービス系企業で働く50代女性もその一人だ。女性は、緊急事態宣言が発令された当時の状況を振り返る。会社全体が発令後に向けた対策に追われる中、女性が不信感を抱いたことが2つあった。

1つはコロナの対応方法について、上司と考え方が真逆だったことだ。もう1つは社長の不可解な言動にあったという。

「なぜか社長は『緊急事態宣言の出された今、全社が一致団結して頑張らねばならない!そのためには個人のプライバシーなど犠牲にしても構わない!』と吐き捨てたのです。いつもは『社員一人ひとりが宝だよ。大切に気遣っているよ』と言っていた人なのに」

女性は「さすがに引きました」と綴っている。

「弟の結婚が決まり、コロナ騒ぎの中で両親の顔合わせを行ったようです」

コロナの影響で家族関係に亀裂が生じたケースもある。

「夫婦間ですら、毎日毎日大喧嘩ばかりです。子どものことを考えると夜中、一人になった時は涙が止まらない」(滋賀県/50代男性/フリーランス)

「10万円の給付金の使い道で、かなり家族と揉めた」(東京都/40代女性/サービス系)

栃木県の商社系企業に勤務する40代女性にいたっては、

「弟の結婚が決まり、コロナ騒ぎの中で両親の顔合わせを行ったようです。正直、高齢で持病もある両親を心配した自分が馬鹿みたいに感じました。元々、両親とも弟とも不仲だったので、縁を切るよい機会かと感じました」

という。女性は「結婚おめでとう、さようなら」と綴る。親子・家族というのは最も身近な人間関係だが、修復が難しいケースもあるようだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「新型コロナで人間関係にヒビが入った人」「【読者投稿】世帯年収1000~1200万円台のリアル」に関するアンケートを募集しています。