【全国版】これからは脱東京!?テレワークが中心になったら住むべき街4選 岩手から島根まで!

新型コロナウイルスを機に、テレワークを標準化する企業が増えた。テレワークを前提とした働き方が一般的になれば、もはや職住近接を意識して都心に住む必要もない。中には”脱東京”を試みる人も出てくるだろう。

前回、首都圏版テレワーカーが住むべき街を紹介したが、今回は基本的には仕事は在宅となるビジネスマンにおすすめしたい日本全国の街4選をお伝えする。

恋愛コンサルタントで鉄道事情にも詳しい鈴木リュウさんは、テレワークがしやすい街の条件として「ノマドワークが行えるカフェなど飲食店が充実している」「コロナの感染リスクが低く、密を避けられる」「可能なら趣味を楽しむこともできる」「比較的都心のオフィスに出やすい」の4点を挙げる。

そして首都圏を離れてテレワークをするにあたっては、仕事が問題なくできるだけでなく、仕事以外もいかに充実させることができるかも重要になる。

【中部】静岡市清水区(興津駅) サウナー垂涎「サウナしきじ」のある街