“なんちゃってテレワーク”の実態 コールセンター勤務の女性「社内システムに入れずに仕事にならない」

コールセンター勤務の女性が明かすテレワークの課題とは

コールセンター勤務の女性が明かすテレワークの課題とは

新型コロナをきっかけに、在宅勤務に切り替える企業が急増した。内閣府の調査によると、就業者の34.6%がテレワークを経験、23区に限定すると55.5%にのぼるという。

しかし、実際のところは、テレワークで仕事が上手く回る企業ばかりではなさそうだ。今回は、ネット系保険会社のコールセンターに勤務する30代女性契約社員のTさんに、テレワークで浮き彫りになった職場の課題について聞いた。(文:ふじいりょう)

出社組の負担増で「残業時間はむしろ多くなりました」