“夜の街”で働く女性 、一律の10万円給付に複雑な思い 「“3密”でも働かざるを得ない人々こそ給付金が必要」

夜の街で働く女性、一律10万円に不満の声

夜の街で働く女性、一律10万円に不満の声

新型コロナウイルスの緊急経済対策として、国民一人につき10万円が給付される「特別定額給付金」。自治体によって支給状況はさまざまだが、すでに「給付された」という声も多く聞かれるようになった。

赤ちゃんから高齢者まで一律10万円が支給されるが、キャリコネ読者の中には「収入に影響がない人への支給」に複雑な思いを寄せる人もいた。(文:コティマム)

「3月から5月までの3か月収入が激減し、4分の1になった」