就職氷河期世代の悲痛な叫び「早慶でも正社員になれなくてフリーターや派遣だった」

氷河期世代が救われるのはいつになるだろうか……

氷河期世代が救われるのはいつになるだろうか……

就職氷河期世代はバブル崩壊後の1990年代~2000年代前期に、経済状況の悪化から就職難を強いられた世代を指す。当時受けた傷は、年月を経た今でも癒えることがないようだ。ガールズちゃんねるに6月28日、「就職氷河期世代、叫ぼう!!」というトピックが立った。

「新卒で入った会社は正社員という名の奴隷でした。ボーナスなかったし」
「体育会系の団塊世代にぶちのめされて奴隷気質が骨の髄まで染み込んでる」

トピック内には”奴隷”という言葉が多くみられた。就職氷河期世代はブラック企業と分かっていても就職せざるを得なかったため、就職できなかった人だけでなく、就職できたとしても深い傷を負ったケースが多いようだ。(文:石川祐介)

「1996年卒、有名国立大を卒業した友人も就職浪人してました」