ゴルファーの7割がラウンドに行く頻度減少 「練習場もまったくいかない」という人も

コロナ禍のゴルファー

コロナ禍のゴルファー

ゴルフライブは6月30日、「コロナ渦中のゴルフの練習環境」に関する調査結果を発表した。調査は4月にネット上で実施し、同社のメルマガ会員5958人から回答を得た。

緊急事態宣言下の練習頻度の変化について聞いたところ、最多は「かなり減った」(43.47%)という声だった。「少し減った」(21.90%)という人を合わせると6割超に。一方、3人に1人は「変わらない」(30.13%)と回答している。

自宅で練習する頻度、半数が「変わらない」と回答