社会人の基本「報連相」は意外とできていない? “伝わりやすい型”を解説

メンバーの報連相の力を上げるには?

メンバーの報連相の力を上げるには?

報告・連絡・相談は、社会人の基本です。新人研修を実施している企業では、”報連相”(ホウレンソウ)と教え込むところも多いでしょう。ところが、管理職の皆さんからは

「最近の部下は、報連相もろくに出来ない」
「部下の言っていることを理解するのに苦労するんです」

といった声を頻繁に聞きます。メンバーの報連相の力を上げるには、管理職としてどのような関わり方をしていけばいいのでしょうか。今回は、部下に教えたい報連相の”具体的な型”を説明してまいります。(文:働きがい創造研究所社長 田岡英明)

「結論から聞きたい」というのが管理職の耳