パチンコで計1000万円勝った20代男性「貧困家庭の実家を支えるために始めた。勝つために打つのやめたい」

パチンコで計1000万円勝った20代男性

パチンコで計1000万円勝った20代男性

たまたま空いた時間に立ち寄ったパチンコ店で、暇つぶしのはずが熱くなってしまい、負けを取り返しに行こうとした挙句返り討ちにあったという人もいるだろう。

パチンコなどギャンブルがやめられない人にとってこの手の話はありがちなものだが、それを繰り返して年数を刻むと、とんでもないマイナス額に達してしまうらしい。50代男性のキャリコネニュース読者は、

「パチンコとスロットは約30年しています。総額は、30年で新築一戸建てが買えるぐらいですよ」(メーカー系/年収150万円)

と綴る。年収1700万円の40代男性フリーランスもパチンコ・パチスロ歴30年で「総額は検討もつかない」という。しかし男性は、

「やめたいと思った瞬間も、やめる気もありません。やめたいと思ったこともありません。苦しさや困っていることも特になく、単なる趣味なので生活に影響が出なければ問題ないと思います」

という。今回は、そうしたパチンコに魅了されたギャンブラーの声を紹介する。(文:鹿賀大資)

「2~3か月はやめられるけど、久しぶりに行くと勝つのでまたハマる」