「生活苦だから、お金を50万円貸してほしい」と友人から手紙 女性が絶縁を決めたエピソード | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

「生活苦だから、お金を50万円貸してほしい」と友人から手紙 女性が絶縁を決めたエピソード

画像はイメージ

仲の良い友人でも、お金が絡むと関係が悪化することがある。キャリコネニュースに寄せられた「友人と絶縁した」読者の経験談から、お金にまつわるエピソードを紹介する。(文:コティマム)

【一体なぜ!?みんなの絶縁エピソード】

「せめて30万円、10万円でもよいので、貸してほしい」

長野県の50代女性(事務・管理/年収350万円)は、大学時代の同級生と絶縁した。その友人は「ご飯を食べに行ったり、卒業旅行に行った仲間の1人」で、社会人になってからも年に1度ほど集まり「結婚披露宴にも招待された」仲だという。

しかし友人は、2年ほどで離婚。「夜の水商売を始めた頃から、容姿も派手になり始めました」と、女性は不穏な様子を綴った。

「ある日、その友人から手紙がきまして、『父親も他界し、母と2人暮らし。兄弟は兄がいて独立してしまい、今の生活が大変で、お金を50万円貸してほしい』と。『せめて30万円、10万円でもよいので、貸してほしい』との事でした」

これに女性は「生活が苦しいなら財産を処分したり、行政に相談したりと、いろいろな解決策がある」と厳しく指摘。

「にもかかわらず、簡単に『お金貸してください』と手紙で頼んでくることに『この友人には関わらない方がよい』と思い、手紙の返事は出さず、 同級生の集まりも呼ばないことにしました」

と絶縁を決めた当時の気持ちを綴った。

結婚式に招待されなかった女性、事後報告のハガキを見て絶縁を決意

突然ママ友から絶縁された女性 逆鱗に触れたのは「土曜の日中に送ったLINE」だった

お弁当時間の「一口ちょうだい」で友人と絶縁した女性

【PR】注目情報

関連記事

次世代バナー
次世代バナー

アーカイブ