婚活は条件を下げるべき? 横澤夏子は「白馬の王子様がいないなら“楽しくて明るいロバを探そう”と思った」

年収ばかり気にしても仕方ない?

年収ばかり気にしても仕方ない?

タレントの横澤夏子さんが7月31日、「ノンストップ!」(フジテレビ)に出演し、自らの婚活経験を赤裸々に語った。番組では、「頑張らない婚活」を特集。横澤さんは、

「頑張り過ぎないに越したことはない、ということに気がついたのは婚活パーティーに100回くらい行ったうちの85回目くらい」
「頑張らないと『女子力が足りない』と言われそうで頑張ってしまって」

と、婚活に力を入れすぎていた当時を振り返った。100回参加とはたいした数字だが、2017年に現在の旦那さまと当時27歳で結婚。お子さんにも恵まれ、努力が実った婚活成功者としてのコメントは説得力があり、司会の設楽統さんには「婚活のプロ」と呼ばれていた。(文:okei)

「最初は公務員狙い、やがて土日祝休みのサラリーマン」と条件をアバウトに