レジ袋有料化と”コンビニくじ”で店員疲弊 「客とのやりとりが面倒きわまりない」

レジ袋有料化

レジ袋有料化

レジ袋の有料化で、対応に追われている小売店は少なくない。キャリコネニュース読者からは、

「以前はチラシを袋に入れて配布していた。それが袋を使用されなくなったことで、チラシの配布が難しくなった」(20代女性岐阜県小売店)
「前まではレジ袋の不要な方には店名の入ったテープを貼っていました。しかし有料化にあたり突然、本社から『テープを廃止します』と理由もなく指示が来ました。店員もお客様もびっくりです。万引きと間違われたらどうするんでしょう」(50代女性/岩手県100円SHOP)

といった声が寄せられている。デパートに勤務する栃木県の60代女性は、

「有料ってことは、レジ袋も商品になる訳です。つまりレジ袋も商品としてレジの近くなどに並べておき、それを他の商品と一緒にレジに出せば良いと思うのですが。ダメなんですかね?」

と疑問に感じている。(文:鹿賀大資)

「レジ袋は有料ですが」「カードはお持ちですか?」「お支払いは?」と客に畳みかける