ヒカキンが害虫を野外に放したのは”不適切”? 視聴者が真似すると「生態系がめちゃくちゃになる」と昆虫系YouTuber懸念

画像はYouTubeをキャプチャ

画像はYouTubeをキャプチャ

YouTuberのヒカキンさんが育てた虫を野外に放したことに対し、「不適切だ」という声があがっている。

ヒカキンさんは7月10日投稿の動画で、買ったピーマンの中に「タバコガ」という蛾の幼虫が入っていたと報告。公園などに放そうかと思ったが、梅雨時期ということもあり死んでしまうかもしれないと思い、”むしお”と名付け、タバコガが害虫であることを認識した上で「新しい家族」として育てていた。

8月9日投稿の動画では、場所は定かではないが成虫になったむしおを草むらに放すところが収められている。これに対して、”生物観察の鬼”として昆虫などの動画を投稿しているYouTuberのおーちゃんが「むしおくんを逃がすのは不適切だったと思います」とコメントしている。

「生き物を飼うなら最後まで責任を取って看取ってください」